ご利用の流れ

空き日のご確認(随時)

お電話で名古屋市国際展示場 管理事務所にご確認下さい。

お申込み(2年前~)

ご予約受付は施設・期間・催事内容によって以下のように分かれます。

展示施設の場合(第1展示館/第2展示館/第3展示館)

産業の振興に寄与するもの又は公益目的事業に使用する場合であって、複数の展示施設を同時に3日以上使用するとき 使用開始の日の2年前の日の属する月の初日
産業の振興に寄与するもの又は公益目的事業に使用する場合 使用開始の日の13か月前の日の属する月の初日
その他の場合 使用開始の日の10か月前の日の属する月の初日

集会施設の場合(ホール/会議ホール/会議室等)

展示施設と一体使用する場合 展示施設の各区分の申請日
産業の振興に寄与するもの又は公益目的事業に使用する場合(展示施設と一体利用する場合を除く) 使用開始の日の10か月前の日の属する月の初日
その他の場合 使用開始の日の7か月前の日の属する月の初日

利用時間区分

展示施設

全日 午前 午後
0:00~24:00 0:00~12:00 12:00~24:00

集会施設等

全日 午前 午後 夜間 午前・午後 午後・夜間 延長
9:00~21:30 9:00~12:00 13:00~16:30 17:30~21:30 9:00~16:30 13:00~21:30 使用前後1時間

※仮押さえも上記の期間に準じて行います。
※使用直前のお申込みはお断りする場合がありますので、お早めにご手配下さい。
※使用期間とは、準備・撤去を含むものとします。
※お申込み決定のご連絡を受け次第申込書を発行いたします。

申込書のご提出

  • 申込書を管理事務所へご提出下さい。
  • 申込書は、展示施設用(第1号様式)、集会施設用(第2号様式)、附属設備用(第3号様式)の3種類に別れていますので、所定の様式で申込み手続を行って下さい。また、臨時レストラン・屋外展示場につきましては「行政財産使用許可申請書」の手続きが必要です。

※初めてご利用になられる方には企画書等(法人・団体の方は概要を説明できるもの)のご提出をお願いします。

許可書・必要書類一式発送(お申込みから30日以内)

  • お申込みに応じた許可書を交付します。
  • 必要書類として振込依頼書、計画届他提出書類の一式をお送りします。

使用料のお支払い(前納分)

※使用料には、使用前にお支払いいただく「前納分」と、使用後にご精算していただく「後納分」のものがあります。
※振込み手数料は、振込依頼書のご使用に関わらず、利用者のご負担となりますのでご注意願います。
※ご入金確認ができない場合は施設をご利用いただけません。

会議室等 (会議室/サービスセンター/多目的室/控室)

  • 許可を受けた使用日(2日以上にわたって引き続き使用するときは、その最初の日)の前1か月までにその全額を納付。

展示施設、イベントホール、会議ホール(会議室等を併せて使用する場合を含む)

  • 使用の許可と同時にその1割相当額を納付。使用日の前3か月までにその残額を納付。
    ただし、使用の許可が使用日の3か月前より後である場合は、許可と同時に全額を納付。

使用取消・変更

  • 使用許可後は使用施設の取消し、使用日・使用時間の変更は原則として出来ません。
  • 既納の使用料金は返金できません。ただし、やむを得ず使用を取消す場合には、取消しの手続き申請を行い、承認が必要となります。
  • 使用料の還付
  •  ①使用者の責めに帰することができない理由により施設の使用ができなくなったとき。
     → 使用料の全額

     ②許可を受けた使用日の前3月までに申し出て、認められたとき。
     → 使用料の90%の額

     ③許可を受けた使用日の前1月までに申し出て、認められたとき
     → 使用料の50%の額

事前打合せ(1か月前迄)

  • 直前になってからの打合せでは、駐車場の手配やレイアウト修正等調整が間に合わないこともありますので、お早めに催事の内容がわかる計画書をご提示のうえ、ご相談下さい。
  • 関係官庁への届出・申請をスムーズに行うために、事前に催物関連届出書類とレイアウトの案をご提示のうえ、ご相談下さい。
  • 使用施設の下見が必要な場合は、必ず事前に管理事務所までご連絡ください。下見をご希望される施設が使用中の場合は下見することが出来ません。
  • 貸出備品のお申込みも承ります。(備品の数量には限りがあります。)

最終打合せ及び関係官庁等への届出書類の提出(2週間前)

  • 使用計画書については具体的な使用方法・内容をお聞きしながら打合せを行います。
  • 展示施設及びホール(展示での使用の場合)ご使用の方は「催物関係届出」(ホームページからダウンロード可。)が必要です。
    ※ご提出いただく書類には原本以外に1〜2部写しを要するものがありますのでご注意願います。
     印影を要するものには写しにも押印願います。
    ※催事の計画にあたっては当施設の指導事項を守って下さい。
  • 届出書類は、管理事務所の確認を経て、提出して下さい。
  • 届出の写しを催事開催日前に管理事務所に提出して下さい。
  • 消防署の許可無く、裸火の使用・危険物の持込みはできません。

催事ご使用初日

  • 初めに来場された方は管理事務所(夜間は防災センター)までお越し下さい。

※貸出備品のご注文、空調の運転時間の変更依頼等は管理事務所までご連絡下さい。
 (受付時間:午前8時45分~午後5時15分)
※備品の設営・撤去等は主催者側で行って下さい。

催事ご使用最終日(原状復帰)

  • 開催にあたって生じたゴミの処理、床面復旧、その他後片付けが完了しているか点検を行います。
  • 原状復帰が不十分な場合、やり直しをお願いすることがあります。
  • 貸出備品の返却は、管理事務所または防災センターの指示に従って下さい。返却後に貸出数等を確認します。

ご精算(後納分)

  • 使用終了後、「後納分」の納入通知書をお送りしますので、納入期限を守って銀行振込でお願いします。
    ※振込手数料は、納入通知書をご使用に関わらず、利用者のご負担となりますのでご注意願います。
    内容は使用期間中の光熱水費、貸出備品使用料、一括負担駐車料等となります
  • 施設・備品に破損、汚損があった場合は弁償請求いたします。
    ※今後の施設運営の参考として利用者アンケート等をお送りしますので、ご協力をお願いいたします。