ご利用における注意事項

施設の使用許可を受けた使用者は、以下の事項を遵守してください。

1.使用許可条件

使用者は、使用許可条件を守ってください。

2.管理責任

  1. 使用者は、安全を最優先に管理運営を行ってください。使用期間中に発生した事故、盗難等については、すべて使用者の責任となりますので、事故防止や管理には万全の対策を講じてください。
  2. 使用者は、善良なる管理者の注意をもって施設を使用してください。また、使用が終了したときは、施設を原状に回復してください。万一、施設・附属設備・備品等を毀損・紛失した場合は、使用者の責任において原状に復旧または弁償をしていただきます。

3.緊急時対応

  1. 使用者は、「本注意事項」の他、別冊の「ご利用案内」、およぴ「防災指針」、「緊急時対応マニュアル」に従い、使用者の責任において管理責任者を定めて、会場と連絡・調整を図りながら、火災と事故防止に努めていただきます。
  2. 施設使用期間中に地震の発生及び警戒宣言が発令された場合には、「緊急時対応マニュアル」に沿って、管理事務所の指示のもと来場者の安全確保を行ってください。

4.近隣対応

  1. 使用者は、管理事務所と連絡・調整を図りつつ、搬入出および開催時における施設とその周辺に対する諸配慮、搬入出車両の整理、作業員等関係者の管理・監督ならびに来場者の整理・誘導を行ってください。
  2. 催物等において多数の来場者が予想されるとき、または他の催物の開催や近隣施設・企業などに支障を及ぼす恐れがあると管理事務所が認めるときは、使用者の責任において警備専門会社などにより万全の警備体制および来場者整理誘導体制をとってください。
  3. 上記2に該当すると予想される催事については、周辺環境の混雑防止に伴う警備計画について主催者と別途、協議をさせていただきます。

5.関係省庁への届出

施設の利用にあたり、関係官庁への届出及び許可申請等については、使用者により延滞なく行ってください。

6.免責及び損害賠償

  1. 管理事務所は、使用者の次に掲げる事項について一切の責任を負いません。
    ①天災地変、火災、事故、盗難その他、会場の責任に帰すことができない事由により生じた 損害
    ②使用許可の取消しにより生じた利用者等の損害。
  2. 損害賠償保険・傷害保険等の各種保険への加入をお勧めします。

7.使用権譲渡の禁止

使用者は、使用の権利を譲渡し、または、転貸することは出来ません。

8.使用許可の取消

  1. 使用者が以下のいずれかに該当するとき、施設の使用を停止し、または、使用の取消しをすることがあります。
    ①名古屋市国際展示場条例または、同条例に基づく規則の規定に違反したとき。
    ②許可された使用目的に違反したとき。
    ③使用の許可条件に違反したとき。
    ④公の秩序または善良な風俗を乱したとき、又はみだすおそれがあるとき。
    ⑤工事その他の展示場の管理上やむを得ない事由が生じたとき。